非常に大きな予算が必要な求人募集。ですが満足行く人材を集める事は非常に難しいものです。

求人募集にお悩みですか?

今より確実に人材確保が難しくなってきます。

少子化、「2018年問題」が大きな問題になっております。

18歳の人口が2018年から少なくなり、高校卒業後の就職、専門学校、短期大学、さらに大学卒業からの新卒の確保が非常に難しくなると予想されます。

様々な業界、職種で正規雇用、非正規雇用をされていると思いますが、正直なところ「人材不足」「有望な人材が来ない」「広告経費と合わない」と思われながら求人広告を出稿されていると思います。

各社「人材の取り合いです。」「他社より自社」に誘し入社する事が、今後の企業様・各種サービス業様の生き残りに繋がると思います。

求人専門ホームページ「あつまる」で企業様・各種サービス業様サポート致します。

※求人専門ホームページ「あつまる」を利用するだけ、期間未定となりますが総合求人サイト『ピタリワークス』や業界・業態・エリアに特化した『ピタリワークス』も随時リリース、関連求人サイトにも同時掲載が可能になります。
※業界によりお断りする業界もございますのでご了承ください。

せっかくの採用者も早期離職がなくなりませんか?

多くのコストを費やして獲得した採用者も何故かスグに辞めてしまう。
御社にあった人材を採用できなければ、この問題はなくなりません。

求人に関する予算をどの程度つかわれていますか?

大手求人サイトに掲載して、40〜50万円
アルバイト情報誌のほんの小さな枠で 4〜5万円
また、説明会への出展などもあると思います。
最近では成果報酬型の求人サイトが注目されておりますが、年収の20%~30%の支払い。
スグ退職されても良くて半金返金で、媒体によっては全額返金不可も…
企業規模や業種によって様々とは思いますが、年間数百〜1千万円以上を費やしているのではないでしょうか?

その結果、何名の採用ができていますか?

こちらも企業によって差異はあるものの数名から十数名程度ではないでしょうか?
つまり、1名あたりの採用に数十万〜百万円以上の予算をつぎ込んでいることになります。

見込み応募者の「取りこぼし」ありませんか?

給与条件や福利厚生面等の条件は全てクリアしているのに、他社に採られてしまった。
これは求人募集では最大の失敗ではないでしょうか?
万が一、1名でも取りこぼしをしたならば、数十万〜百万円以上の損失です。 しっかりと見直しましょう。