なぜ応募があつまるのか?

求職者の応募行動は、消費者購買行動と同様です。

「AIDMA」「AISAS」などでお馴染みの、消費者購買行動モデル(理論)がありますが、こういった消費者購買行動は、求職者の応募行動でも同様です。

インターネットが発展した現代では最も主流といえる「AISAS」モデルでいいますと、
多くの企業様では、Attention(注意)/ Interest(興味・関心)/ Action(行動)/ Share(共有)に対してはに多くの予算や細心の注意をもって臨んでおられるとは思いますが、Search(検索)に対しては如何でしょうか?

多くの企業様では、Search(検索)が見落とされており、見込み応募者の取りこぼし損失が発生します。

求職者は、求人広告を見た後、御社を「検索」しています。

求職者は、求人広告で御社に興味をもつと、検索エンジンで「〇〇(御社名) 求人」と検索します。
検索して御社のサイトを訪問し商品やサービス内容、会社規模等を確認します。

この行動のウラには、「御社で働いた自分をイメージしたい」という欲求が隠れています。
商品やサービス内容、会社規模から、このイメージを探っているのです。

商品やサービス内容からこのイメージを探るのは非常に難しいもので、
イメージを出来なかったり、間違ったイメージを抱く等の問題があります。

イメージを出来ない。よくわからないから次の企業を探す。
間違ったイメージを持つ。 → 採用されても「思っていた職場と違う…」 → スグ辞める。

求人専門ホームページ「あつまる」で、このような問題点を解決することで、求人応募の取りこぼしをなくし、早期離職を防ぎます。